<   2016年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

愛しています!

 キングスガーデンでは、毎日礼拝の時間がありますので、私も月に1回、礼拝のご奉仕に伺っています。特養に入所されている男性のKさんは、いつも私の顔を見るなり「愛しています!」と口にされます。説教が終わると祈りの時間になるのですが、司会者が「小坂先生に祈ってもらいたい人はいますか?」と尋ねると真っ先に手を挙げられます。牧師としてまんざらでもない気持ちになります。

 ところがです。先日、協力牧師会があった際に、ひとりの牧師がこう話されました。「私は、Kさんに『愛しています!』と声を掛けられて、いつも慰められています。」するとその場に参加していた牧師たちが、口々に言い出したのです。「えっ?Kさんは私だけに言ってくれているのかと思っていた。」どうやら、だれにでも「愛しています!」と声をかけていたようです。皆がドッと吹き出し、笑いこけてしまいました。牧師たちは皆、Kさんの言葉に慰めと励ましを受けていたのです。Kさんは、牧師の牧師だったわけです。

 ところで、主なる神様も、私たちに声を掛けておられます。「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」(イザヤ43:4)「わたしは決してあなたを離れず、また、あなたを捨てない。」(ヘブル13:5

 主なる神様は、イエス・キリストにあって私たちの父であり、私たちは愛する子です。イエス・キリストの十字架の功のゆえに罪が赦されて神の子とされたことを喜び、感謝しつつ、この神の愛を信じて今週も問題と課題の多い人生を歩んでいきましょう。


[PR]
by sayama_church | 2016-10-30 20:09 | 牧師の窓 | Comments(0)

2016年10月30日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前 7:00~7:40  
     
            説教  小坂嘉嗣師 


 

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45

   説教    共に負う荷

          マタイ11:28~30 
            
               小坂由紀子師 





◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 
また信仰を強制することは一切ありません。どなたでもお気軽に安心してお出
 かけください。
 
・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。ストレスや問題、
 悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。

・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
 (武蔵藤沢駅西口、入曽駅西口、およびお身体の不自由な方のご自宅)
 送迎車をご利用の場合は、予めお電話をお願いいたします。
      ℡ 04(2956)5973 

[PR]
by sayama_church | 2016-10-29 07:50 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

信仰とは?

 もし、「信仰とは何ですか?」と問われたら、私は躊躇することなく「神に対する信頼です。」と答えたいと思います。信仰は信念ではありません。愛と義と聖、そして恵みの神への信頼です。

 信仰の父と呼ばれるアブラハムに関して、聖書に次のような記事があります。

そして、彼を外に連れ出して仰せられた。「さあ、天を見上げなさい。星を数えることができるなら、それを数えなさい。」さらに仰せられた。「あなたの子孫はこのようになる。」彼は主を信じた。主はそれを彼の義と認められた。(創世記15:5,6

 アブラハム(当時の名はアブラム)は、主なる神と人格的な出会いをしました。それは、交わりが成立しない、ものも言わない、無機質な神ではなく、私たちに働き、語り掛けてくださる神、生ける、ぬくもりのある神を知ったのです。彼は、主なる神を信じました。彼が仰せられたことを信じたのです。彼を信頼したからです。

子どもの頃、よく父に高く抱き上げられて、遊んでもらったことがありました。どんなに高く上げられても、一度たりとも怖いとは思いませんでした。むしろ、楽しくて何度もせがんだことです。父に身を任せて落ちることはないと思っていたからです。それは、子どもの私にとっては至福のときでした。

 信仰も同じです。主なる神を信頼して、身をゆだねることです。神の御言葉を信じることです。神は、あなたを守り、支え、導いてくださいます。


[PR]
by sayama_church | 2016-10-23 20:20 | 牧師の窓 | Comments(0)

2016年10月23日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前 7:00~7:40  
     
            説教  小坂嘉嗣師 


 

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45

   説教    神の国にはいるには

            使徒14:19~28 
            
                 小坂嘉嗣師 




◆ ジョイジョイキッズクラブ(子ども会) 午後1:30~3:00




◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 
また信仰を強制することは一切ありません。どなたでもお気軽に安心してお出
 かけください。
 
・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。ストレスや問題、
 悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。

・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
 (武蔵藤沢駅西口、入曽駅西口、およびお身体の不自由な方のご自宅)
 送迎車をご利用の場合は、予めお電話をお願いいたします。
      ℡ 04(2956)5973 

[PR]
by sayama_church | 2016-10-22 09:09 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

私たちの住まい

「神様」と言うとどんなイメージを抱きますか。聖書が教える神様は、「父なる神」とも表現されていますので、幼児経験で父親との関係が良くなかった人や悲惨であった人などは、厳しい、裁きの神というイメージを描くようです。珍しい例ですが、「父なる神」と聞くと、とうてい受け入れられない、拒絶反応を起こすという人もいました。

 聖書にこんな御言葉があります。「主よ。あなたは代々にわたって私たちの住まいです。山々が生まれる前から、あなたが地と世界とを生み出す前から、まことに、とこしえからとこしえまであなたは神です。」(詩篇90:1,2

 ここには、聖書が明らかにしている神が、どのような方であるかが端的に表現されています。天地万物の創造者であり、始まりも終わりもない永遠者です。有限な人間の存在と理解をはるかに超えた大いなるお方なのです。けれども、同時に私たちの住まいであるとも言われています。住まいとは、ホームのことです。人が安心し、くつろげ、ありのまま受け止めてもらえる場所がホームです。

神は、実は、私たちが安心して身を委ねることができるお方なのです。神との関係の中で、人は真の安息、休み、憩いを経験できるのです。主イエス・キリストを通して、一人でも多くの方にこの神を知っていただきたいと願い、祈ることです。

 


[PR]
by sayama_church | 2016-10-16 17:11 | 牧師の窓 | Comments(0)

2016年10月16日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前 7:00~7:40  
     
            説教  小坂嘉嗣師 


 

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45

   説教    抱き上げられる喜び

            マルコ10:13~27 
            
                 小坂嘉嗣師 






◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 
また信仰を強制することは一切ありません。どなたでもお気軽に安心してお出
 かけください。
 
・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。ストレスや問題、
 悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。

・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
 (武蔵藤沢駅西口、入曽駅西口、およびお身体の不自由な方のご自宅)
 送迎車をご利用の場合は、予めお電話をお願いいたします。
      ℡ 04(2956)5973 

[PR]
by sayama_church | 2016-10-15 10:55 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

暗やみを歩くとき

 ここ最近は、台風の影響を受けてうっとうしい日が多いように感じます。長雨、厚い雲に覆われどんよりした空、太陽が見えない暗ぼったい空気・・。これは天候ですが、人生においても、心が重く沈むような日々を過ごすことがあります。いつもでも変わらない憂鬱な現状が続いたり、思い通りに道が開かれないとき、まるで暗い谷間やトンネルの中を通っているような気持になるでしょう。

 このような中を歩むとき、聖書は次のように語り掛けています。「暗やみの中を歩き、光を持たない者は、主の御名に信頼し、自分の神に拠り頼め。」(イザヤ50:10別の聖書では次のように訳されています。「暗い中を歩いて光を得なくても、なお主の名を頼み、おのれの神にたよる者はだれか。」(口語訳)  

 私は、この御言葉が好きで、しばしばこの御言葉に励まされています。暗い中を通るとき、憂鬱になり、失望、落胆します。どうしたら良いかと狼狽し、右往左往します。また、気をもんで、アタフタと空しく動き回ります。けれども、聖書はそのような時にこそ、主に拠り頼むように命じているのです。聖書の中には、闇の中を通りながら、主に信頼しつづけ、大きな祝福を受けた人物の例が沢山あります。アブラハム、イサク、ヨセフ、モーセ・・・・。

ただ単純に主に信頼するときに、主は働いてくださるのです。暗やみの中にあるときにこそ、主に信頼しましょう。

 


[PR]
by sayama_church | 2016-10-09 17:45 | 牧師の窓 | Comments(0)

2016年10月9日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前 7:00~7:40  
     
            説教  小坂嘉嗣師 


 

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45

   説教   はっきり見えるように

               マタイ7:1~8 
            
                小坂由紀子師 




◆ ジョイ・ジョイ文庫  午後1:30~3:00 

    子どもたちへの本の読み聞かせ、読書広場 


  

◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 
また信仰を強制することは一切ありません。どなたでもお気軽に安心してお出
 かけください。
 
・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。ストレスや問題、
 悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。

・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
 (武蔵藤沢駅西口、入曽駅西口、およびお身体の不自由な方のご自宅)
 送迎車をご利用の場合は、予めお電話をお願いいたします。
      ℡ 04(2956)5973 

[PR]
by sayama_church | 2016-10-08 08:10 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

伝道会議の恵み

先週は、神戸で開催された日本伝道会議に参加いたしました。日本全国から教団・教派を超えて2000人ほどの牧師、宣教師、信徒が集まり、主の臨在が豊かで、励ましとチャレンジに満ちた、素晴らしい大会でした。

こうした集まりが開催される背景には、当然、日本宣教の厳しい現状と日本の教会の厳しい見通しがあるのだと思います。日本は未だクリスチャン人口1%の壁を破れていません。社会と同様に教会も高齢化が進み、献身者は少なく、このままだと教会数は減少に向かいます。けれども、こうした危機感は、むしろ教会に悩み、苦しみ、渇いているこの世に届く福音の豊かさを再発見させ、さらに教派、教団を超えて宣教協力しようとする機運、運動を起こしているように感じられました。主は不思議な方で、いつもマイナスをプラスに、危機を祝福に変えて下さいます。

 主講師のクリストファー・ライト博士は、オープニングのメッセージでⅡ列王記6章からエリシャの話をされました。アラムの大軍が町を包囲したときに若い者は「どうしたらよいのでしょう。」(Ⅱ列王6:15と恐れますが、エリシャは「恐れるな。私たちとともにいる者は、彼らとともにいる者よりも多いのだから。」(同6:16と言い、彼のために祈るとそこには「なんと、火の馬と戦車がエリシャを取り巻いて山に満ちて」(同6:17いるのが分かりました。共にいてくださる主の臨在と力を発見したのです。

 私たちの人生、また教会の歩みにも様々な問題と課題があります。「どうしたらよいのでしょう。」とへたり込んでしまうこともあります。しかし、主の臨在と力が取り囲んでいることを覚えて、立ち上がり前に向かって進んでいきましょう。
[PR]
by sayama_church | 2016-10-08 08:04 | 牧師の窓 | Comments(0)

2016年10月2日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前 7:00~7:40  
     
            説教  小坂嘉嗣師   

          

◆ 主日礼拝   午前10:30~11:45

   説教   広がる神の国

             マルコ4:30~32 
            
                小坂嘉嗣師 




◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 
また信仰を強制することは一切ありません。どなたでもお気軽に安心してお出
 かけください。
 
・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・一週間を真の神を礼拝してはじめることは大きな祝福です。ストレスや問題、
 悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。

・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
 (武蔵藤沢駅西口、入曽駅西口、およびお身体の不自由な方のご自宅)
 送迎車をご利用の場合は、予めお電話をお願いいたします。
      ℡ 04(2956)5973 

[PR]
by sayama_church | 2016-10-01 07:52 | 礼拝のご案内 | Comments(0)