祈り求める。

 新しい年を迎え、私は「主に祈り求める。」ということを教えられています。皆さんもそうでしょうが、私も様々な問題、課題に囲まれて、ただ祈らされることがしばしばあります。
 聖書を読むと、主は、私たちにはっきりと具体的に信仰をもって祈り求めることを願っておられることがわかります。有名な聖書の記事にバルテマイの話があります。彼は、盲人の乞食で、ただ道端にすわって人々の施しを求めて生きていました。しかし、主イエスが近くを通られると聞くと、叫び始めました。「ダビデの子のイエスさま。私をあわれんでください。」と。周囲の人は、このあわれな盲人を黙らせようとしますが、そうされればされるほど彼は、「わたしをあわれんでください。」と叫び立てました。主イエスは立ち止り、バルテマイをお呼びになられます。そして、何とわざわざ「わたしに何をしてほしいのか。」と尋ねられます。そんなことは、状況を見ればだれにでも分かりそうなことです。しかし、バルテマイは答えます。明確に。「主よ。目が見えるようになることです。」
 主は、私たちにも時々「何をしてほしいのか。」と尋ねられます。その時に、私たちはバルテマイのように、はっきりと、明確に、具体的に、そして信仰と期待をもって、答えているでしょうか。
 問題、課題に囲まれ、試練に会うことは、ある意味では幸いです。私たちの心は主に向かいます。そして、今も主は生きて、働いておられることを知るのです。 

      「求めなさい。そうすれば与えられます。」マタイ7:7
by sayama_church | 2011-01-16 23:17 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< 1月23日(日)のご案内 1月16日(日)のご案内 >>