悔い改め

11月と言うと、私が子どの頃は木枯らしが吹いて、グッと冷え込みを感じたものでした。ところが、近年は11月になってもさほど寒さを感じません。どうしたのでしょうか。

環境だけではありません。私たちを取り巻く社会の状況も急速に変わりつつあります。インターネットの普及など、生活はとても便利になりましたが、様々な情報が洪水のように溢れ、むしろ生活にゆとりや健全さを失う人が出ているように感じます。効率ばかりを優先して、また、なんでもかんでもお金に換算する風潮の中で、生きづらさを覚える人が増えているようにも思えます。

中学生の頃に、部屋で金魚を飼っていました。初めは、水槽を小まめに掃除し、水を入れ替えていたのですが、だんだんと億劫になってほったらかしにしていたら、少しずつ水槽の水が濁り、とうとう水槽は濃い緑色で真っ暗になってしまいました。それでも金魚は元気そうに泳いでいるように見えたので安心していたら、ある日、突然、死んでしまいました。気が付いたら、腹を見せて浮かんでいたのです。

人類は、自分本位に豊かさ、心地よさ、便利、効率などを追い求めながら、結局は、人から生き意欲や力を奪ってはいないでしょうか。そろそろ、個人も、社会も、国家も、目覚めて悔い改める(方向転換する)必要があるのではないでしょうか。私たちを造られ、愛しておられる神に対して。

「時が満ち、神の国は近くなった。悔い改めて福音を信じなさい。」マルコ1:15


[PR]
by sayama_church | 2018-11-11 20:54 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< 2018年11月18日(日)のご案内 2018年11月11日(日)のご案内 >>