すべてのことを益に

 月に一度お邪魔している川越キングスガーデンでのことです。礼拝の後、一人のご婦人が「お祈りをしてほしい。」と求められました。そばに行くと、彼女はまずこのように言われました。「私は、子どもの頃から教会に通っています。若い頃は、山登りもしたものです。でも、今は膝が痛く、車椅子になってしまいました。これといって悪いことをしてきたとは思わないのですが・・・。」
 車椅子の前には、使い古した聖書がテーブルに開いてありました。上品でしっかりした感じの方で、純粋に自分はどうしてこのような体になったのだろうか、何か気づいていない罪があるのだろうかと案じているようでした。
 そこで、私はローマ8:28~29を開き、一緒に読みました。「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。なぜならば、神はあらかじめ知っておられる人々を、御子のかたちと同じ姿にあらかじめ定められたからです。」そして、このように申しました。「あなたが何か罪を犯したからではありません。神様は、すべてのことを益に変えてくださいます。そして、私たちを主イエス様に似たものにして下さるのです。」すると彼女は「希望がありますね。」とニッコリとされました。
 さて、私たちの人生にも、もしかしたら「どうして?」と思うことがあるのではないでしょうか。しかし、主イエスにあるとき、失望することは何もありません。神はすべてを益に変えてくださるのです。必ずそうして下さいます。そして、そうしたところを通らなければ知らなかった神の恵みを経験し、私たちをしてキリストの心を持つ人に形作って下さるのです。
[PR]
by sayama_church | 2007-11-24 23:04 | 牧師の窓 | Comments(0)
<< 牧師研修会 愛される人から愛する人に >>