人気ブログランキング |

2019年 08月 18日 ( 1 )

神を喜ぶ

 キリスト教信仰の神髄は、「主イエス・キリストにあって神は私たちと共にいてくださる」ことにあります。人間の心の奥底の渇きは、神との交わり、神と共にあることによってしか満たされません。ですから、キリスト者は、神と共に歩むことをいつも心がけるべきです。

 しかし、残念なことに、キリスト者と言えども、人はなかなかこの真理に目が開かれません。神そのものを喜ぶことを知らず、神が与えて下さる賜物、例えば健康、財、立場、名誉・・・挙げればきりがない様々ないわゆる「祝福」ばかりに目を留め、追い求め、それらを喜ぶばかりです。いったいどれだけのキリスト者が、「神と共にある」ことの喜びを知っているでしょうか。「神と共にある」ことを生命的に大切なものとして生きているでしょうか。もし、私たちがこのことを心底、経験的に知ったならば、どんな境遇、環境にあっても揺り動かされず、勝利と平安の中に乗り越えることができるでしょう。

 キリスト者よ、罪を犯して神との関係を損ない、交わりを失ってはなりません。キリストの十字架と復活のゆえに、神との平和を与えられ、神との交わりに入れられたことを忘れてはなりません。自分自身を神に明け渡して、御霊によって歩むことを求めてください。自分を神に明け渡すことなくして、御霊によって歩むことはできません。

 祝福された実り多いクリスチャン生涯は、悔い改めと明け渡し、そして主イエス・キリストに対する信仰によって、神と共に歩むところ以外にはないのです。

  「私たちは神を大いに喜んでいるのです。」ローマ5:11


by sayama_church | 2019-08-18 20:27 | 牧師の窓 | Comments(0)