人気ブログランキング |

クリスチャンの役割 

 今は、大きく時代が動こうとしていることを識者が指摘しています。時代の変化だけではなくて、危機を予想する人もいます。中国とアメリカの覇権争い、世界の各地で見られるグローバリズムと国家主義のせめぎ合いなど、確かに不穏なものを感じます。

私は、政治や経済については素人ですので、そうした面は分かりませんが、聖書の視点から日本や世界の行く末に不安を感じることがあります。黙示録の時代に近づいているのではないかと。

 ところで旧約聖書にとても興味深い記事があります。罪に満ちたソドムとゴモラを神が滅ぼそうとされた時、アブラハムがとりなすのです。「アブラハムは近づいて申し上げた。『あなたはほんとうに、正しい者を、悪い者といっしょに滅ぼし尽くされるのですか。もしや、その町の中に五十人の正しい者がいるかもしれません。ほんとうに滅ぼしてしまわれるのですか。その中にいる五十人の正しい者のために、その町をお赦しにはならないのですか。』(創18:23,24アブラハムは、五十人の正しい者がいるだろうかと心配になり、神と交渉を重ね、ついには十人の正しい者がいれば滅ぼさないとの確約を受けました。しかし悲しいことに、ソドムとゴモラには10人の正しい人もいませんでした。それで町は滅ぼされましたが、神はアブラハムの祈りのゆえにロトとその家族(娘二人)を救われたのです。

 この罪に満ちた世にクリスチャンが存在する理由はなんでしょうか。アブラハムのように、神の前にとりなしの祈りをささげることではないでしょうか。


# by sayama_church | 2019-05-19 20:08 | 牧師の窓 | Comments(0)

2019年5月19日(日)のご案内

更新を通知する
◆ 早朝礼拝  午前7:00~7:40

        説教  小坂嘉嗣師
 

◆ 主日礼拝  午前10:30~11:30
  

        説教  誘 惑
                  
            マタイ4:1~11
                      
                小坂嘉嗣師
 
    
◆ キッズ・タイム 午前10:45~11:30
    
   主日礼拝と並行して持つ子どもの集まりです。
   お子様連れで教会にお出かけ下さい。お子様だけを
   お送りくださってもかまいません。



◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。クリスチャンでない方も参加することができます。
 教会はすべての人を歓迎いたします。
 
 ストレス、問題、悩みの多い日常にあって、聖書の言葉を通して心の休みと力を得て下さい。 
 信仰を強制したり、押し付けるようなことは一切ありませんのでご安心ください。

・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由な献金です。
 
・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
  <送迎場所>
   10:00am 武蔵藤沢駅東口前のグリーンガーデンのコープ(生協)前
   10:10am 入曽駅西口
     お身体の不自由な方のご自宅

  送迎車をご利用の場合は、予めお電話をお願いいたします。
   ☎04(2956)5973

# by sayama_church | 2019-05-18 07:22 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

神の母の愛

 更新を通知する
今日は母の日です。街は母の日をお祝いする人で賑わっていますが、必ずしも母の日を喜べる人ばかりではないかもしれません。母を失った人、母との関係が良くない人など、様々な人がいるに違いないからです。でも、不思議なことに人はどこかで「母の愛」を慕い、求めているように思えてなりません。「母の愛」は、受容。何処までも、どんなになっても我が子を受け入れる愛と言えましょう。

 聖書に次のような御言葉があります。「女が自分の乳飲み子を忘れようか。自分の胎の子をあわれまないだろうか。たとい、女たちが忘れても、このわたしはあなたを忘れない。」(イザヤ49:14ここで、神の愛は母の愛に比されています。聖書は、神を父と表現することが多く、父は教え、諭し、訓練するイメージがありますが、聖書は神の愛は、父の愛と共に母の愛の面があることを示しているのです。

 遠藤周作は、小説「沈黙」を著しました。江戸の禁教の時代に、イエズス会の司祭ロドリゴが潜入しますが、やがて捕縛されます。ロドリゴは、転べば(棄教すれば)拷問を受けている百姓信徒を助けると迫られ、ついに苦悶の果てに踏み絵に足を乗せます。ところがそのときに彼は主イエスの声を聞くのです。「踏むがいい。お前の足は今、痛いだろう。今日まで私の顔を踏んだ人間たちと同じように痛むだろう。だがその足の痛さで充分だ。私はお前たちのその痛さと苦しみをわかちあう。そのために私はいるのだから。」ロドリゴは、その瞬間に神は自分たちの苦しみに沈黙していたのではなく一緒に苦しんでいたのに気が付きます。遠藤周作が所属するカトリックから異端視されても表現したのは、神の母の愛だったのかもしれません。

 母の日に、完璧な母の愛(アガペーの愛)で私たちを愛して下さる神に思いを寄せるのも良いかもしれません。
# by sayama_church | 2019-05-14 20:33 | 牧師の窓 | Comments(0)

2019年5月12日(日)のご案内

更新を通知する
◆ 早朝礼拝  午前7:00~7:40

        説教  小坂嘉嗣師
 

◆ 主日礼拝  午前10:30~11:30
  

        説教  絶対的な信頼
                  
            エズラ記7:27、28
                      
                  小坂由紀子師
 
    
◆ キッズ・タイム 午前10:45~11:30
    
   主日礼拝と並行して持つ子どもの集まりです。
   お子様連れで教会にお出かけ下さい。お子様だけを
   お送りくださってもかまいません。



◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。クリスチャンでない方も参加することができます。
 教会はすべての人を歓迎いたします。
 
 ストレス、問題、悩みの多い日常にあって、聖書の言葉を通して心の休みと力を得て下さい。 
 信仰を強制したり、押し付けるようなことは一切ありませんのでご安心ください。

・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由な献金です。
 
・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
  <送迎場所>
   10:00am 武蔵藤沢駅東口前のグリーンガーデンのコープ(生協)前
   10:10am 入曽駅西口
     お身体の不自由な方のご自宅

  送迎車をご利用の場合は、予めお電話をお願いいたします。
   ☎04(2956)5973

# by sayama_church | 2019-05-11 11:04 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

国のために祈る

 更新を通知する
平成が終わり、令和の時代に入りました。日本列島は祝賀ムードに包まれて、多くの人が連休を楽しんでいますが、一方で新しい時代への期待と共に急激に変わりつつある時代の変化を感じて先行きに漠然とした不安を抱いている人も少なからずいるのではないでしょうか。

 聖書にこんな御言葉があります。「そこで、まず初めに、このことを勧めます。すべての人のために、また王とすべての高い地位にある人たちのために願い、祈り、とりなし、感謝がささげられるようにしなさい。それは、私たちが敬虔に、また、威厳をもって、平安で静かな一生を過ごすためです。」Ⅰテモテ2:1,2

 どんな社会、組織においてもリーダーはとても重要です。リーダーの人柄、物の見方・考え方、決断は、徐々にではあっても全体に及び、全体を決することになります。今の日本は、難しい問題をたくさん抱えていると言えましょう。中国、韓国、北朝鮮、ロシア、アメリカなどとの国際関係、日銀の国債買い占めなどによってようやく維持されている危うさを抱えた経済、少子高齢化、労働力不足、経済的格差の拡大と中間層の没落の傾向、教育や福祉のあり方が社会の変化に追随できない現状、大きな地震などの災害予測・・・等々。日本が置かれている状況にはとても厳しいものがあるのはだれの目に明らかで、難題、課題を乗り越えて次の世代に平和で幸福な国を継承するためにはどうしても優れた知恵が必要です。 

昔、国難を前にしてエジプトのパロが、「神の霊の宿っているこのような人を、ほかに見つけることができようか。」(41:38)「あなたのように、さとくて知恵のある者はほかにいない。」(同41:39と言ってヨセフを見出したように、日本に真の神を畏れた知恵あるリーダーが起こされるように祈るべきだと思います。


# by sayama_church | 2019-05-06 11:24 | 牧師の窓 | Comments(0)

2019年5月5日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前7:00~7:40

        説教  小坂嘉嗣師
 

◆ 主日礼拝  午前10:30~11:30
  

        説教  洗礼の喜び
                  
             マタイ3:13~17
                      
                  小坂嘉嗣師
 
    
◆ キッズ・タイム 午前10:45~11:30
    
   主日礼拝と並行して持つ子どもの集まりです。
   お子様連れで教会にお出かけ下さい。お子様だけを
   お送りくださってもかまいません。



◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。クリスチャンでない方も参加することができます。
 教会はすべての人を歓迎いたします。
 
 ストレス、問題、悩みの多い日常にあって、聖書の言葉を通して心の休みと力を得て下さい。 
 信仰を強制したり、押し付けるようなことは一切ありませんのでご安心ください。

・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由な献金です。
 
・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
  <送迎場所>
   10:00am 武蔵藤沢駅東口前のグリーンガーデンのコープ(生協)前
   10:10am 入曽駅西口
     お身体の不自由な方のご自宅

  送迎車をご利用の場合は、予めお電話をいたでけますと
  間違いがありません。

# by sayama_church | 2019-05-04 08:18 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

よみがえりの主

 先週の日曜日は、主イエスのよみがえりを記念するイースターでした。しかし、ある意味では、毎週の日曜日はイースターのようなものです。と言うのは、主イエスがよみがえり、ご自分を弟子たちに現わされたのは日曜日だったからです。それで、主イエスを神の御子、救い主と信じる者は、日曜日に集まり、礼拝を捧げるようになりました。クリスチャンが毎週日曜日に集まるのは、実によみがえりの主を覚えて集まっているのです。

主イエスは、使徒ヨハネの晩年に、主の日(日曜日)にご自分を現わされて、こう言われた聖書にあります。「恐れるな。わたしは、最初であり、最後であり、生きている者である。わたしは死んだが、見よ、いつまでも生きている。また、死とハデスとのかぎを持っている。」黙示録1:17,18

 ここに「わたしは死んだが」とあります。主イエスは、確かに死なれました。神に創造され、愛されながら、神に背を向けて、本来の人としてのあるべき姿から外れてしまった全人類の罪の赦しのために身代わりとなって血潮を流し、死んだのです。血を流す(いのちを捨てる)こと以外に神の前に罪の赦しはありません。しかし、主イエスは、ご自分の言葉通りに、死を打ち破り、三日目によみがえりました。ご自分の言葉通りによみがえられたことは、十字架の死が全人類の罪の贖いの代価であるとの主の言葉も確かであることの証であります。そして主イエスは、今も生きておられるのです。

天においても地においてもすべての権威が与えられている主イエスが、罪を悔い改めて、主イエスを信じ、従う者と共にいてくださるとは何と幸いなことでしょうか。


# by sayama_church | 2019-04-30 17:46 | 牧師の窓 | Comments(0)

2019年4月28日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前7:00~7:40

        説教  小坂嘉嗣師
 

◆ ウエルカム礼拝  午前10:30~11:30
  

        説教  生きていく力
                  
             ヨハネ11:25、26
                      
                   小坂嘉嗣師

  *私たちに必要なものは、食べて、飲んで保つ命だけではなくて、
   問題や困難の多い今日、明日を生きていく力ではないでしょか。
   生きていく力がありますか?生きていく力がほしくはありませんか?
   聖書からイエス・キリストが語っている言葉を共に聞きませんか?
   どなたでも歓迎いたします。信仰を強制することはありません。
    
◆ キッズ・タイム 午前10:45~11:30
    
   ウエルカム礼拝と並行して持つ子どもの集まりです。
   お子様連れで教会にお出かけ下さい。お子様だけを
   お送りくださってもかまいません。


◆ JOYJOYキッズクラブ  午後1:30~3:00

   イースターエッグ探し、ゲームなど 


◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。クリスチャンでない方も参加することができます。
 教会はすべての人を歓迎いたします。
 
 ストレス、問題、悩みの多い日常にあって、聖書の言葉を通して心の休みと力を得て下さい。 
 信仰を強制したり、押し付けるようなことは一切ありませんのでご安心ください。

・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由な献金です。
 
・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
  <送迎場所>
   10:00am 武蔵藤沢駅東口前のグリーンガーデンのコープ(生協)前
   10:10am 入曽駅西口
     お身体の不自由な方のご自宅

  送迎車をご利用の場合は、予めお電話をいたでけますと
  間違いがありません。

# by sayama_church | 2019-04-26 22:59 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

キリストはよみがえられた

 イースター、おめでとうございます!最近は、一般にもイースターが知られるようになりましたが、教会にとりましてはある意味でクリスマス以上に大切な記念すべき日です。キリストの復活がなければ、キリスト教は存在しなかったからです。イースターは、キリストのよみがえり、復活を記念する日です。

 インドでの話です。ある人が市場で福音を説教していると、一人のイスラム教徒が群衆から飛び出してきて言いました。「われわれイスラム教徒には、あなたたちクリスチャンが持っていないすばらしいものがある。」説教者は尋ねました。「それは何ですか。」彼は説明を始めました。「アラビヤに行くと、ムハンマドの墓があって、われわれは自信をもって『ここにわれわれの預言者のご遺体が眠っている』と言えるのだ。あなたがたクリスチャンは礼拝できる墓がない。」(ジョン・シーモンズ著「主を仰ぐ朝」から)説教者の答えは、言わずと知れたものでした。「われわれクリスチャンには墓はありません。ご遺体はありませんから。」

キリスト教がキリスト教であるのは、キリストの墓が空であったからです。キリストの亡骸は存在しません。イエス・キリストは、旧約聖書が預言していた通りに、イエス・キリストが予め語ったように、三日目に死を打ち破ぶり、栄光のからだによみがえられたのです。弟子たちは、復活の主イエスに出会ったのです。

だれも成し遂げられなかった人類の最大の問題である死の力を打ち破られた主イエスは、人生に悩み、罪に苦しみ、死を恐れ、生きる力を失っている私たちを救うことができるのです。

「聖い御霊によれば、死者の中からの復活により、大能によって公に神の御子として示された方、私たちの主イエス・キリストです。」ローマ1:4


# by sayama_church | 2019-04-21 20:01 | 牧師の窓 | Comments(0)

2019年4月21日(日)のご案内

更新を通知する
◆ 早朝礼拝  午前7:00~7:40

        説教  小坂嘉嗣師
 

◆ イースター礼拝  午前10:30~11:30
  

        説教  キリストの復活のいのちに生きる
                  
                        ローマ6:1~11
                      
                            小坂嘉嗣師
    
◆ キッズ・タイム 午前10:45~11:30


◆ イースター・パーテイー  正午~午後1:30


◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。クリスチャンでない方も参加することができます。
 教会はすべての人を歓迎いたします。
 
 ストレス、問題、悩みの多い日常にあって、聖書の言葉を通して心の休みと力を得て下さい。 
 信仰を強制したり、押し付けるようなことは一切ありませんのでご安心ください。

・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由な献金です。
 
・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
  <送迎場所>
   10:00am 武蔵藤沢駅東口前のグリーンガーデンのコープ(生協)前
   10:10am 入曽駅西口
     お身体の不自由な方のご自宅

  送迎車をご利用の場合は、予めお電話をいたでけますと
  間違いがありません。


# by sayama_church | 2019-04-20 11:02 | 礼拝のご案内 | Comments(0)