人気ブログランキング |

<   2018年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

小千谷の地から

 先週、うかつにもギックリ腰になってしまいました。ほんの30分ほど草むしりをして立ち上がろうとしたときに、どうにも立ち上がることができないのです。ようやくの思いで家に戻ったものの、翌々日までどうにも朝起き上がれずに早天は家内にお願いする始末。当然のことですが、家内からは小千谷への奉仕は延期した方がよいと言われ、折しも台風が近づいているので一層そのように勧められましたが、何とか無事に小千谷に来ることができました。

私は信仰をもっておよそ半世紀、献身してから30年ほどが経ちましたが、振り返る時にその歩みは何とたどたどしかったかと思わされています。最近は自分の弱さと罪深さを思い知り、打ちのめされるように思いをすることさえあります。使徒パウロは「『キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた。』ということばは、まことであり、そのまま受け入れるに値するものです。私はその罪人のかしらです」(Ⅰテモテ1:15と言っていますが、まさにそのような思いです。

けれども使徒パウロが「そのような私があわれみを受けた」(同1:16と深く感じて、主に身を捧げて仕えましたが、私も「こんな私」を赦し、愛し、受け入れて下さった主のご愛に感謝して、そのご愛に応えてもう一度自分自身を主に全く捧げて、歩んでいきたいと思わされているこの頃でもあります。

信仰生活は、歯を食いしばって、あるいは苦虫を食い潰したような顔して、歩む道ではありません。主の愛と恵みをいっぱい受けて、感謝と喜びに溢れ、主のご愛に少しでも応えたいと自分自身を神に捧げて歩む道です。小千谷の地から今日の狭山キリスト教会の礼拝の祝福を心からお祈りしています。


by sayama_church | 2018-07-30 21:11 | 牧師の窓 | Comments(0)

2018年7月29日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前7:00~7:40

        説教  小坂由紀子師
 

◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45

        説教  私たちの神、主
     
               レビ記26:1

                小坂由紀子師


◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 教会が初めての方、久しぶりの方もどうぞお気軽にお出かけください。
 ストレス、問題、悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。 
 信仰を強制したり、押し付けるようなことは一切ありませんのでご安心ください。

・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
  <送迎場所>
   10:00am 武蔵藤沢駅東口前のグリーンガーデンのコープ(生協)前
   10:10am 入曽駅西口
     お身体の不自由な方のご自宅

  送迎車をご利用の場合は、予めお電話をいたでけますと
  間違いがありません。

by sayama_church | 2018-07-27 16:41 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

不条理 

 ときどき人生の不条理を感じることがあります。「どうして私はこんな苦しみに会わなければならないのか?」などと思ったことはないでしょうか。しかし、考えてみれば人生は不条理だらけです。生まれたときから不条理です。ある人は裕福の家庭に生まれ、ある人は貧しい家庭に生まれます。ある人は豊かな才能に恵まれ、ある人は凡庸です。

 旧約聖書にヨブという義人が登場します。彼は財産や子どもを失い、さらには全身をできもので覆われて土器のかけらで身をかくような苦しみを受けます。ヨブは、この不条理な苦しみの意味を求めましたが、見出せませんでした。ヨブの友人は、「ヨブが神の前に正しくなかったからだ。」と言いましたが、その答えは、ヨブに何の救いも希望をもたらさず、ヨブの反発を生むだけでした。

ほとんどの場合に不条理の理由は隠されています。神の主権の中に隠れています。私たちに求められているのは、不条理の理由を尋ね求めることではなくて、不条理にどのように対応して、乗り越えていくかなのではないでしょうか。不条理をかかえこまない人生などありません。しかし、人生の醍醐味は、不条理にどのように対応して、乗り越えていくかにあるのです。

人生に対して後ろ向きになったり、あきらめたりしてはなりません。神は、私たちを立ちあがらせ、前に向かって歩んでいく力を与えて下さるのです。

「というのは、すべてのことが、神から発っし、神によって成り、神に至るからです。どうか、この神に栄光がとこしえにありますように。アーメン」ローマ11:36


by sayama_church | 2018-07-22 20:25 | 牧師の窓 | Comments(0)

2018年7月22日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前7:00~7:40

        説教  小坂嘉嗣師
 

◆ ウェルカム礼拝  午前10:30~11:45

        説教  心の渇きの癒し
     
             ヨハネ4:1~26

                 小坂嘉嗣師

   *ウエルカム礼拝は、教会が初めての方、久しぶりの方
    にとりまして、とても良い集まりです。
    もちろん、普段教会に集われている方もおおぜい見えられます。
    すべての人を歓迎いたします。!


◆ JOYJOYキッズクラブ 午後1:30~3:00
   (子ども会)



◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 教会が初めての方、久しぶりの方もどうぞお気軽にお出かけください。
 ストレス、問題、悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。 
 信仰を強制したり、押し付けるようなことは一切ありませんのでご安心ください。

・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
  <送迎場所>
   10:00am 武蔵藤沢駅東口前のグリーンガーデンのコープ(生協)前
   10:10am 入曽駅西口
     お身体の不自由な方のご自宅

  送迎車をご利用の場合は、予めお電話をいたでけますと
  間違いがありません。

by sayama_church | 2018-07-21 08:01 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

御言葉への聴従

先日お会いした一人の老齢のクリスチャンがこんなことを口にされました。「聖書を読まないクリスチャンが多いように思う。」彼が言う「聖書を読む」とは、通読の意だそうです。さらに言うには、「どれだけのクリスチャンが御言葉に聴従しているのだろうか。」少し厳しい見方ですが、真実を突いているのかもしれないと思いました。

 聖書はこのように言います。「みことばを実行する人になりなさい。自分を欺いて、ただ聞くだけの者であってはいけません。」ヤコブ1:22

 以前、私の尊敬する牧師が、「悔い改めてもう不平、不満、人の悪口を言わないことを心に決めました。Ⅰテサロニケ516節~18節にあるようにいつも喜び、絶えず祈り、すべての事について感謝するようにしたいと思います。」と講壇から語っているのを聞いて、その正直さに少し驚いたことがありました。私自身もついつい不平、不満やその場にいない人のマイナスになるようなことを口にしてしまうことがあります。

 私たちがもし神のダイナミックな力と神の親しい臨在を経験することが乏しいのだとしたら、いつのまにか神の御言葉を読み、聞き、それに従うことから遠ざかっているからかもしれません。神との親しい交わりの中に聖書を読み、神の御言葉に聞き従う歩みをさせていただきたいと願わされたことでした。


by sayama_church | 2018-07-15 20:30 | 牧師の窓 | Comments(0)

2018年7月22日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前7:00~7:40

        説教  小坂嘉嗣師
 

◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45

        説教  キリスト者の生き方
     
               使徒21:17~36

                    小坂嘉嗣師


◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 教会が初めての方、久しぶりの方もどうぞお気軽にお出かけください。
 ストレス、問題、悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。 
 信仰を強制したり、押し付けるようなことは一切ありませんのでご安心ください。

・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
  <送迎場所>
   10:00am 武蔵藤沢駅東口前のグリーンガーデンのコープ(生協)前
   10:10am 入曽駅西口
     お身体の不自由な方のご自宅

  送迎車をご利用の場合は、予めお電話をいたでけますと
  間違いがありません。

by sayama_church | 2018-07-14 07:56 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

苦しみから生まれもの 

子どもの頃、母によく言われたものです。「あなたは、まだ苦労をしていないから。」そう言われて育った私は、「人は苦労をしなければ一人前にはなれない。」との思いを無意識のうちに持つようになりました。母は、満州からの引き揚げ者で、苦労人でした。

 けれども、様々な人たちに出会う中で、だんだんと私は母が言っていたことは一面の真理ではあるが、「必ずしもそうとは限らないのでは?」と感じるようになりました。苦労や苦しみは、ある場合には他人を思いやる優しさや深みのある円熟した人格を育むのですが、ある場合には、ひねくれ、屈折した、ひがみっぽい性格を生み出すようにも思えたのです。

ひとりの痛ましい生い立ちを経験した牧師が、こんなことを言っていました。「苦しみの意味を問うても答えはでない。苦しみにどのように応答するかに意味がある。」「どうして私にこんなことが起きたのか?なぜ私がこんな目に合わなければならないのか?と問うても行き詰まり、精神が破綻するだけである。」

生まれながらの容姿や能力、育った環境、これまでの経験、現在の状態を嘆き、悲しみ、不満を持つ人は多くいます。そこにとどまる限りは何の祝福もないでしょう。けれども、すべてのことを神様の摂理として受け止めて、それに対してどのように応答していくかが問われているのであると受け止めて主とともに歩んでいくときに、苦しみの意味が明らかになり、すべてのことが益となったことを知るのではないでしょうか。苦しみが祝福となるのです。

「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」ローマ8:28


by sayama_church | 2018-07-08 20:08 | 牧師の窓 | Comments(0)

2018年7月8日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前7:00~7:40

        説教  小坂嘉嗣師
 

◆ 主日礼拝  午前10:30~11:45

        説教  祈りがもたらすもの
     
                使徒12:1~11

                   小坂由紀子師


◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。どなたでも参加することができます。
 教会が初めての方、久しぶりの方もどうぞお気軽にお出かけください。
 ストレス、問題、悩みの多い日常にあって、心の安息と生きる力が与えられます。 
 信仰を強制したり、押し付けるようなことは一切ありませんのでご安心ください。

・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
  <送迎場所>
   10:00am 武蔵藤沢駅東口前のグリーンガーデンのコープ(生協)前
   10:10am 入曽駅西口
     お身体の不自由な方のご自宅

  送迎車をご利用の場合は、予めお電話をいたでけますと
  間違いがありません。

by sayama_church | 2018-07-05 15:46 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

真理

 先週は、大失敗をしてしまいました。木更津の教会での礼拝奉仕に遅刻してしまったのです。

狭山から木更津までは3時間弱かかるので、早朝礼拝を早めに終えて、家内に駅まで車で送ってもらい、車中の人となりました。「やれやれ、これでなんとか時間までに到着できる。」とひと安心したのですが、何と、途中電車を乗り間違えてしまったのです。間違いなく千葉行きの電車に乗ったつもりが、逆行きでした。自分の思いこみや確信がいかに当てにならないかを痛感させられました。

ところで聖書に次のような御言葉あります。「そのころ、イスラエルには王がなく、めいめいが自分の目に正しいと見えることを行なっていた。」(士師記21:25士師記の時代は、人々が「自分の目に正しいと見えることを行なっていた」のですが、社会の道徳的、倫理的水準は、地に落ちていました。現代の私たちも、自分にとって正しいこと、良いと見えること、納得できることを行なうことを是とする風潮に生きていますが、社会も個人も混迷を深め、迷い、悩んでいるように思えてなりません。

人間には、時代、地域、国、文化、習俗が変わっても変わらないもの、すなわち真理が必要なのではないでしょうか。ちょうど大木が何百年経っても変わらずに同じ場所に立ち続けているような揺り動かされないものを。わたしは、それを聖書に、そして聖書が啓示するイエス・キリストに見出しました。

イエスは彼に言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。」ヨハネ14:6


by sayama_church | 2018-07-02 22:09 | 牧師の窓 | Comments(0)