人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

進化論?創造論!

 聖書の記述は、すべてが事実ではなくて、神話も含まれると考える人がいます。その最たるものとして天地創造を挙げます。日本の学校教育では、進化論を科学的真理として教えていますので、当然かもしれません。

 けれども、最近、今中和人著「つらいとき不安なとき立ち上がる力」を読んで、衝撃的な事実を知りました。中学や高校で学んだ記憶のある系統発生説(人間は受精から出生までの間に魚類・両生類などの状態から進化の過程を経て、哺乳類の状態になる。スケッチが教科書などにも載っている)は、提唱したヘッケルは誤りを認め、そのスケッチは捏造されたもの。人類の祖先として教科書で教えられたジャワ原人や北京原人も相当いい加減。同じ地層から出土されたかどうか怪しい頭蓋骨の一部と大腿骨、少数の歯を同一の個体に由来していると主張。その存在はかなり疑わしい。

進化論は科学的に証明された真理ではなくて、ひとつの仮説であることは承知していましたが、こうした事実にびっくり。著者は、東大医学部卒の現役の心臓血管外科医です。彼は、人体が段階的に向上する進化論によって人間の存在を説明することは困難で、むしろ理性的な存在(創造者なる神)によってプログラミンされたと考える方が自然だと言っています。

聖書は言います。「それはあなたが私の内臓を造り、母の胎のうちで私を組み立てられたからです。」詩篇139:13


by sayama_church | 2019-02-24 21:14 | 牧師の窓 | Comments(0)

2019年2月24日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前7:00~7:40

        説教  小坂嘉嗣師
 

◆ ウエルカム礼拝  午前10:30~11:30
  

        説教  いかに生きるべきか。
                  
                   マタイ25:14~30
               
                       小坂嘉嗣師

  ウエルカム礼拝は、新しい人、久しぶりの人、求道者を歓迎しての集まりです。


◆ キッズ・タイム 午前10:45~11:30
 
    ウエルカム礼拝の途中から子どもたちは別室で子ども向けプログラムを持ちます。


◆ JOYJOYキッズクラブ 午後1:30~3:00
  
     カナッペ・パーティー



◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。クリスチャンでない方も参加することができます。
 教会はすべての人を歓迎いたします。
 
 ストレス、問題、悩みの多い日常にあって、聖書の言葉を通して心の休みと力を得て下さい。 
 信仰を強制したり、押し付けるようなことは一切ありませんのでご安心ください。

・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
  <送迎場所>
   10:00am 武蔵藤沢駅東口前のグリーンガーデンのコープ(生協)前
   10:10am 入曽駅西口
     お身体の不自由な方のご自宅

  送迎車をご利用の場合は、予めお電話をいたでけますと
  間違いがありません。


by sayama_church | 2019-02-21 22:55 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

天に向かって

 月日の経つ早さを時々感じます。それだけ自分も年を重ねたということかもしれません。普通に会社勤めをしていたら、もう間もなく定年の年齢になってしまいました。残された人生を、自分にとって本当に大切なものを大切なものとして生きていきたいとつくづく思わされています。

 主イエス様は、こんなことを言われました。「自分の宝を地上にたくわえるのはやめなさい。そこでは虫とさびで、きず物になり、また盗人が穴をあけて盗みます。自分の宝は、天にたくわえなさい。そこでは、虫もさびもつかず、盗人が穴をあけて盗むこともありません。」(マタイ6:1920

 私は、幼い頃から教会に通いました。やがて主イエス様に魅了され、「主イエス様と共にあること」に何物にも代えがたい喜びを感じるようになり、天国が大きな希望となりました。それが、私にとっての信仰の原点だったように思います。

一人の人間として、この世に生きるかぎり、人から認められること、評価されること、りっぱな働きをして業績を上げること(私の場合はりっぱな教会を建て上げること?)、豊かなになること・・・などに魅力を感じないわけではありません。けれども、主イエスとの関わりを失っては、所詮、地上に蓄える宝に過ぎないように感じます。

 主イエス様との関係を大切にして、神の前に歩み、天国を目指して生きていきたいと願わされる昨今です。


by sayama_church | 2019-02-17 17:22 | 牧師の窓 | Comments(0)

2019年2月17日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前7:00~7:40

        説教  小坂嘉嗣師
 

◆ 主日礼拝  午前10:30~11:30
  

        説教  イエス・キリストの系図
                  
                   マタイ1:1~17
               
                       小坂嘉嗣師

◆ キッズ・タイム 午前10:45~11:30



◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。クリスチャンでない方も参加することができます。
 教会はすべての人を歓迎いたします。
 
 ストレス、問題、悩みの多い日常にあって、聖書の言葉を通して心の休みと力を得て下さい。 
 信仰を強制したり、押し付けるようなことは一切ありませんのでご安心ください。

・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
  <送迎場所>
   10:00am 武蔵藤沢駅東口前のグリーンガーデンのコープ(生協)前
   10:10am 入曽駅西口
     お身体の不自由な方のご自宅

  送迎車をご利用の場合は、予めお電話をいたでけますと
  間違いがありません。


by sayama_church | 2019-02-13 20:57 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

救い

 聖書が伝えるメッセージは、倫理や道徳ではありません。「救い」です。そして「救い」は、主イエス・キリストによって実現したのです。

 「救い」の内容をパスカルの言葉を借りて一言で申し上げるならば、「神なき人生の悲惨さ」から「神と共なる人生の幸い」に移されたことです。聖書では、それを「神の子とされる」と言っています。「しかし、この方(イエス・キリスト)を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。」(ヨハネ1:12)

 主イエス・キリストが私たちの罪のために十字架で血潮を流し、罪の贖いを成し遂げて下さったがゆえに、私たちは神の子とされて、「神なき人生の悲惨さ」から「神と共なる人生の幸い」に入れられたのです。救いは、努力や善行や修行によるのではなく、ただ主イエスに対する信仰によると言うのが聖書のメッセージです。救いの根拠は、どこまで行っても主イエス・キリストの十字架の血による罪の贖いにあるのです。

 人生には悩みはつきません。しかし、主イエス・キリストを信じる信仰によって神の子とされたのであるならば、はばかることなく、恵みと折りに適った助けを受けるために、大胆に祈りをもって神に近づこうではありませんか。神は「父」であり、あなたは「子」なのですから。


by sayama_church | 2019-02-12 20:44 | 牧師の窓 | Comments(0)

2019年2月10日(日)のご案内

◆ 早朝礼拝  午前7:00~7:40

        説教  小坂嘉嗣師
 

◆ 主日礼拝  午前10:30~11:30
  

        説教  愛による新生活
                  
                ローマ12:9~21
               
                    小坂由紀子師



◆ 夕  拝  午後7:00~7:40

            説教  小坂嘉嗣師
     
              
 
・教会の集まりは、いつでもオープンです。クリスチャンでない方も参加することができます。
 教会はすべての人を歓迎いたします。
 
 ストレス、問題、悩みの多い日常にあって、聖書の言葉を通して心の休みと力を得て下さい。 
 信仰を強制したり、押し付けるようなことは一切ありませんのでご安心ください。

・当教会は、近隣のミッションスクール(聖望学園、明治学院)の生徒さんが
 授業の一環でしばしば出席されています。
       
・礼拝の中で席上の献金のときがありますが、自由献金です。
 スルーされても構いません。

・賛美歌、聖書は教会に備え付けのものがあります。

・教会の裏に十分な広さの駐車場があります。
   
・朝の主日礼拝では教会車による無料の送迎があります。
  <送迎場所>
   10:00am 武蔵藤沢駅東口前のグリーンガーデンのコープ(生協)前
   10:10am 入曽駅西口
     お身体の不自由な方のご自宅

  送迎車をご利用の場合は、予めお電話をいたでけますと
  間違いがありません。

by sayama_church | 2019-02-07 20:57 | 礼拝のご案内 | Comments(0)

神の訓練

 クリスチャンになったら困難や悩みが無くなるかと言うとそうではありません。苦難や試練にクリスチャンも会います。けれども、その意味合いは全く異なります。そこには、神に愛されている子としての希望があります。

 聖書は、次のように語ります。「訓練と思って耐え忍びなさい。神はあなたがたを子として扱っておられるのです。父が懲らしめることをしない子がいるでしょうか。・・・霊の父は、私たちの益のため、私たちをご自分の聖さにあずからせようとして、懲らしめるのです。」ヘブル12:7~10

 ここに「訓練」「懲らしめ」という2つの言葉が出てきますが、原典のギリシャ語では、両者とも同じ言葉が使われています。それは、父が子を正し、教え、訓練するため叱ったり、懲らしめたりする意味の言葉です。ですから聖書は、私たちが、試練や困難に会うのは、神に愛されている子であることの証拠だと言うのです。悲しいことに、人は試練や困難を通して、初めて自分の心の汚れや罪深さに気が付きます。自己中心な間違った歩みをしていることを悟ります。そして悔い改めて神に近づくのです。

 牧師である私も、しばしばそうしたことを経験しています。


by sayama_church | 2019-02-03 14:05 | 牧師の窓 | Comments(0)